2010年10月21日木曜日

10/24(日)東京代々木公園周辺:動物愛護の活動を!

今年は猛暑の影響か、山の実りが少ないそうです。
そして連日熊が人と接触して、射殺される事件が起きています。環境破壊、異常気象、色々原因はあるでしょう。できるだけ、人も熊も、怪我をしたり、失われる命が少なくなるように都会のドングリを山に送る活動をしている熊森協会という団体があります。今週の日曜日に明治神宮でドングリ拾い活動をしますので、関心のある方は一緒に参加しましょう。
10/24(日)11時明治神宮入り口集合(代々木公園から変更になっています)
詳細はこちら。熊森関東支部ブログ


そして、毛皮反対デモ行進が同日に開催されます。ファッションのために、劣悪な環境におかれ、殺される動物達。その命を救う活動です。ファッションの街?渋谷から表参道を行進します。10/24(日)13:30 代々木公園けやき並木集合。




ジヴァムクティ・ヨーガは、動物愛護を強く訴えています。自分だけが救われることを目指すのではなく、ひろく全ての命が平和で幸せであることを考えています。

Lokah Samastah Sukhino Bhavantu(ロカ サマスタ スキノ バヴァントゥ)
あらゆる場所の、あらゆる存在が平和で幸せでありますように。

日頃ジヴァムクティ・ヨーガを練習している皆さん、関心を持って下さっている皆さん、ぜひご参加ください。

2010年10月18日月曜日

ハセツネ2010 完走

2008年に完走した時、もう二度と出場しないと誓ったはずなのに、何故かまたエントリーしてしまったハセツネ。ポイント制とか気に入らないので、一発勝負のクリック合戦にも勝ち抜いてしまった。


迎えたレース当日。朝まで降り続いた雨。スタート前にはすっかり晴れて、気温27°!寒さを予想して着込んだ服を脱いでバイクジャージ(背中のポケットが便利ゆえ)のみに。


スタートは自分のゴール予想時間毎に前から並ぶ方式。今年の失敗は申告時間に真っ正直に並んでしまったこと。スタート後にこれが大渋滞にはまって想像以上に時間を取られてしまうことに。事前の目論見では、第一関門までは登りは歩いて、平坦な走れるところはできるだけ走ることでタイムを稼ぐつもりだった。しかし、前日まで強く降り続いた雨で地面が滑りやすく、例年よりも渋滞が酷かった模様。


気温も高く、水を頻繁に飲みたくなった。前回は第2関門で水が余っていたが、今年は2.5Lでも心許ない感じがつきまとった。


やがて日が暮れた17:30頃。ヘッドライトを付けたが、霧が出ると光が拡散して前がまったく見えなかった。しかも雨が降り出して。。。見えない、滑る、渋滞するの苦闘。前回比30分以上遅れて第一関門に着いた時にはリタイアを呼び掛ける係の声に相当こころ動かされた。


が、結局ストックを取り出して歩き出してしまった。夜が更ける頃にはすっかり空は晴れ渡り、あいかわらず滑る地面に苦しめられつつもなんとか歩いた。


そして三頭山に着くまでには、何故誓いを忘れてエントリーしたか判った。。。この苦しみの記憶が薄れてしまっていたからだった。


深夜2時に第2関門に着いたが、やはり前回比30分以上遅れ。この時点で記録更新はあきらめ、ひたすら歩く。体力は消耗し、自分でもなぜ体が動くのか判らない状態。前回と違い、気温は凍えるほどでもなく、バイクジャージの上に薄手のレインジャケットを着たのみ。


膝のケアはサポータやテーピングでしっかりしたつもりだったが、下りで両膝は酷く痛む。滑る地面にテーピングした足首もなんども挫きかけ、そのうち右の足首を挫いてしまう。転んで起き上がると体力を使い、転ぶまいとするからまた体力を使う。


自分が20時間以上要すると判っていたから、食料は多めに持ったつもりが不足気味になってしまう。それでも一睡もせずに歩き続けて。第三関門には前回とほぼ同じ時間に到着。それでも記録更新はないと思っていたから、ゆっくりと最後のベーグルを御嶽神社と日の出山で半分ずつ食べて過ごす。長くて変化に乏しい金比羅尾根を下って最後の最後。


あと2.5kmを走れば記録更新できそうなことに気付いた。そこからは猛然とダッシュ。路面はトレイルから舗装路に変わり、さらに膝に響いて痛みをよんだ。


最後はゆっくりと歩いて、にこやかに笑って声援に応えながらゴールすることをイメージしていたはずが。


歯を食いしばって駆け抜けることに。膝が壊れてもいいと思った。


そして最後は”超”のつくサプライズと共に、ゴール。約8分記録更新。21:51:29。


2年前にヴィーガンになった直後、そして今年。


もう満足。充分。








夜の闇、霧、雨、すべる泥。


ひとりきりの山の夜。


山道を照らすランナー達のライト、幻想光景。


晴れた星降る夜空。


山頂から見た富士山。


雨上がりの澄んだ空気で、関東平野を一望した日の出山。


体力は払底し、気力だけで動いたことの記憶。


この上ない体験。


だけど、コースの厳しさは、こんどこそしっかり記憶にもサンスカーラにも刻まれた(笑


膝に故障を抱えた人間が行くべき所でもなし。


三度でることはないでしょう。




あ、そうそう。今年はレース中に熊がコースを横切ったそうです。試走中に熊目撃談もありますし、ほぼ全コース出没の可能性がありそうです。熊鈴などの備えは怠りなきよう。

2010年10月17日日曜日

土曜日の青空ヨーガ

天気も良く、いい日和に恵まれた土曜日。
東京ベジフードフェスタさんとのコラボ企画
いかがだったでしょうか。30人の方に来てもらえて、とても嬉しかったのと、
少し緊張しました。


時間が60分と少し短かったのですが、
お話した、「ヨガから考えるベジフードの勧め」も聞いていただいて感謝します。


菜食も最初から完全を目指すことはありません。できるところから少しずつ。皆で世界に幸せを増やしていければと思います。

2010年10月7日木曜日

ジヴァムクティ青空ヨーガ(代々木公園)

2010年10月16日(土)

当日スケジュール

9:45〜受け付け開始(LinkIcon東京ベジフードフェスタ原宿側の入り口門(本部横ではなくなりました)にて)
10:00〜代々木公園へ移動開始、準備でき次第ヨガクラス始めます。
11:30頃LinkIcon東京ベジフードフェスタ本部にて解散

料金:¥500

雨天中止

当日判断に迷う場合はakkie.yoga*me.com(*を@に変えて下さい)へ御確認下さい。
またLinkIconツイッターでもつぶやきます。
LinkIcon東京ベジフードフェスタは雨天でも実施されます。

持ち物:ヨガマット(もしくはバスタオルなど)

レンタルはありません。

ヨーガクラス内容

LinkIcon東京ベジフードフェスタさんとコラボして、ヨガクラスを行います。
休日の朝、心と体をのびのびとして、お腹を空かせてから美味しいベジフードを頂きましょう。
初心者歓迎です。予約不要です。

お知らせ事項

今回は他団体様とのコラボでもあり、ヨガの練習による怪我等は自己責任である旨を
ご承知いただき、署名をいただく予定です。
もちろん、皆さんが怪我をされないように一層の注意をもって指導いたします。
ご理解のほどお願いします。

2010年10月4日月曜日

IRONMAN70.3 Japan トライアスロン・レース

日本でミドルディスタンスのトライアスロンのレースは数あれど、正式にIRONMAN70.3を名乗るのは初でしょうか。第一回大会に幸運にも繰り上げ参加できました。

大会ウェッブサイトはこちら。ちょうど一ヶ月前の珠洲トライアスロンですっかり消耗し、かつ酷暑にもやられて満足な練習ができないまま、それなのに右膝裏が痛むというよろしくないコンディションでその週末が来てしまった。

東京から名古屋まで新幹線。そこから名鉄。意外と近い感じではあった。選手説明やプレとアフターのパーティはセントレア国際空港内。ホテルも皆空港隣接で泊まった人が多かったので、普通に海外へでかける人達に混じって、飛行機に用のないトライアスリートがうろうろ。ちょっと変な感じではあった。
レースは、スイムコースが予定とは逆回りになり、それはかまわないが、あまりにブイが見えにくかった。僕は視力は悪くても1.2は見えているが、そういう問題でもなくブイが少なすぎ。僕も含めて多くの人が皆が行く方向に行けばいいか。。。という気持ちだったのだろう。集団コースアウトが発生。僕の場合は2番目と3番目のブイの間で遠回り。その後はゴールへ真っ直ぐ向かったが、集団は大回りしていたのが見えた。透明度は自分の伸ばした指先がかろうじて見える程度。ときどき油の匂いがしたこともあったな。

それでも珠洲と違って落ち着いて泳げたのは良かった。だから泳いだ後の余裕の表情。

バイクは、最初と最後の防波堤上の荒れた路面。スタート後は特に気にならなかったが、帰りは疲れたところにバンプは体に堪えた。コースはアップダウンと急カーブ、狭い箇所がひっきりなしに現れ、気を抜けないレイアウト。登りでダンシングしようとしたら、右臀部にひきつるような痛み発生。しかたなく全てシッティングで登ったが、これが右膝を壊す原因になったか。
今回のバイクは、夏のロングライド練習の成果が出て、以前より強くなったのを感じることができた。が、急激に練習しすぎたか、強くなったことで調子に乗って頑張りすぎたか、故障を抱えてしまったのが残念。

そうそう、バイクのエイドは少なすぎだと思う。水もペットボトルでとか。。。ちょっと。

ランに入って、最初はそろそろと走り出す。いけそうかなと思ったが、5kmも走ると右膝の違和感がはっきりと痛みに変わった。ランコースは日陰全く無し。エイドの数は充分だったが、脱水をふせぐ塩とかあったほうが良かった。コースレイアウトもなんども、なんども折り返しを行い、はっきり言って楽しくない。
そのうち痛みで100mくらい走ってはその何倍も歩く状態に。精神的にきついランだった。

完走はしたものの、珠洲に続いてバイクでつぶれるパターンに。そしてランの練習不足がはっきりしてしまった。これも経験ではあるけど。

ゴール後は立ってはいられたものの、気分が悪くなり、自ら救護室へ出頭。1時間にわたり2本の点滴を打ってもらいました。。。。

救護室の皆さんを初め、ボランティアの皆さん、関係者の皆さんには大変お世話になりました。応援した下さった常滑の皆さんにも感謝です。

Total:7:22:25 
Swim:0:47:15 
Bike:3:24:41 
Run:2:57:49

Jules Febre Park Yoga@新宿御苑

日曜日。雨の予報でしたが、程良い晴れに恵まれました。


新宿御苑でJules先生の公園ヨガが開催されました。今回はほとんどお忍び?のような来日で事前にほとんど告知も出来ず、Jules先生のファンの皆さんには申し訳ないこととなってしまいました。


今回の主催は板橋区大山町のさくちゃん工房。マクロビオティックを中心にした活動をしています。おかげでマクロビのお弁当付きでした。


青空の下で、しっかりと体を動かし、ペアになって逆立ちもしてみたりして。参加者のお子さんと戯れていたJules先生が一瞬どっかに行ってしまったりしましたが(笑


そしてアサナの後に、今回は群馬県の自然農法を実践している「たむらふぁ〜む」さんへのドネーションをすることの意味についてお話がありました。有機農法は食べる人だけでなく、周囲の自然にも良いこと。そして地産地消の大切さ。


まあ、でもなによりJules先生のクラスが楽しかったことは皆さんと笑顔に現れていますね。




参加者の皆さん、大きいサイズの写真のダウンロード案内は別に出しますね。