2010年1月5日火曜日

「いまに生きるインドの叡智」





本書は下記の三部構成になっており、インドの歴史・地理・民族的な観点からヨーガを説いているところが特徴。
第1部古代インドとヨーガ
第2部中世インドとヨーガ
第3部近代インドとヨーガ
他の書籍では主に第2部が中心となっていることが多いと思う。第2部ではヨーガ・スートラやギータにもふれつつ、他の聖典も引いて哲学を解説しているが、詳細には触れないため別途学習する必要あり。またチャクラの属性やハタヨーガの解釈にも他の書籍と相違があることから注意が必要。特にギータの解説は判りやすい。


第3部はラーマ・クリシュナ師、ヴィヴェーカナンダ師、シヴァーナンダ師などに代表される近大インドの偉人とその思想解説。これらも概観としては良いと思う。


ヨーガを俯瞰して整理できる良書と思う。






今日の測定(前回11/24)。筋肉量50.5kg(+1.1kg)、体脂肪量3.4kg(-0.5kg)、体脂肪率6.0%(-0.9%)
例のごとくクリパル。そして筋トレ。

0 件のコメント:

コメントを投稿