2009年9月30日水曜日

FlowartsでJivamukti Yoga Class始めます。

10月4日から毎週日曜日、12:00から13:30でJivamukti Yoga初級ヴィンヤサクラスを始めます。


クラスを通して、チャンティング、呼吸法、アサナ、瞑想を練習します。
初心者の方歓迎です。


料金など詳しいことはこちらへ。
http://www.flowarts.jp/


よろしくお願いします。

Jules先生のJivamukti Class

先ずは、明日の楽道庵クラス、Jules先生が来てくれる予定です。






本日のJules先生のベーシッククラス、ムラバンダへの意識の持っていき方を壁を使ったプラクティスで練習しました。面白い練習でしたね。参加された方は勉強になったのではないでしょうか。筋肉ではなく、エナジーを引き上げる。常に意識するのは難しいですね。僕もまだまだです。


オープンクラスのテーマは、今月のJivamukti Focus of the Monthに沿ったものです。チャンティング、スピリチュアル・ティーチング、アサナと、通底した状態で持っていくのはさすがです。フローアーツもヨガマットがぎりぎりまで敷き詰められて、皆の熱気でサウナ状態。


楽しい練習でした。

疲れて眠いので、この辺で。

2009年9月29日火曜日

JivamuktiのTeachers Training

思えば一年前、やっぱりJules先生とJivamuktiのTeachers Trainingの話をしていました。その時はそれほど本気ではなかったけど、ひとつのきっかけになったのは確かです。

今日はフローアーツでJules先生のワークショップがあり、その後にTT参加希望の方も交えて皆で中目黒のエスニック料理屋さんで食事をしました。場所も昨年と同じです。いろいろ大変なこともありますが、それも楽しめる人であれば大丈夫です。


JivamuktiのTeachers Trainingに興味のある方はお話しますよ。


それで、今日はBasicクラスで通訳をしました。大変ですね、本当に。来て下さった皆さんありがとうございました。Padmini先生とLily先生がフォローしてくれたので、なんとかなったと思ってます。参加して下さった方で、ご意見があればどうぞお願いします。

2009年9月27日日曜日

今日の楽道庵Open Class

ちょっとスローペースだったでしょうか。チャレンジポーズも少なく、物足りなかったでしょうか。参加して下さった皆さん、ありがとうございました。


事前に予測していましたが、世間はヨガフェスタでお腹いっぱいだったようで。(笑


その分?今日のヴィーガン・チョコレートケーキはうまく焼けていたと自画自賛しておきます。そのケーキを食べ、お茶を飲んでする雑談も楽しかったし。




終了後はAriちゃんと代々木公園のナマステインディアへ。混んでるという予想は見事に的中。ここでマキコ先生ご一行に遭遇。マキコ先生の旅立ち前に会えてナイスタイミングでしたね。ここでの雑談も楽しかった。


その後は東京体育館プールでスイトレ。2000mを泳いで本日終了です。


ちょっとトレーニング足りないなあ。


明日の夜はフローアーツでJule先生のワークショップですよ。ベーシッククラスは僕が通訳するらしいです。緊張して眠れません。(ウソ

2009年9月26日土曜日

最近の徒然なこと

Yoga Festでドミニカ先生のクラスを二つ受講。丁寧で安心感があり、かつヴェーダンタ哲学のアイディアを交えつつ教えてくれるのに感銘を受けました。来月末のヴェーダンタ哲学WSに行ってみようかな。


エナン復帰!!昨年の引退宣言から、ずっと彼女のウェッブサイトのリンクを外さずにおいて良かった。復帰していきなり全米オープンで優勝したキム・クライスターズも凄いが、エナンはどこまでやれるだろう。身長170cmもない小柄な身体で戦うファイター、待ってました!


BiND3が届いた。インストールしたら、いつものアカウントで起動できた。2だと全く起動せず、サポートもさじを投げる始末。バージョンアップでこっそりバグを直すのはどうかと思うが。


セカイカメラ、これは面白い。現実拡張アプリだそうな。コンセプトが出てからずっと待ってた。簡単に言うとiPhoneのカメラ越しにタグを付けられる。たとえば良く行く場所に、お気に入りの理由を書くと、他の人がそれを見ることができる。iPhoneユーザはAPPストアからダウンロードしてみて下さい。無料アプリです。




金曜日はまだ疲れてたけど、軽い筋トレを地元ジムで。だらだら休んでいても回復はしない。


今日はゆっくり起きて、ウェッブやらメールをして、昼過ぎにまたうとうとして、夕方から90分ラン。ヨガの練習。ほぼ復活しました。

楽道庵(笑)瑜伽祭のこと

先日23日水曜日に楽道庵でイベントを行いました。サントーシマ香先生マキコ先生がヨガクラスを3人で順番に行ったり、ヨガポーズの解説をしたり、ゲームしたり、飲み食いしたり。小林愛先生も来てくれて、また沢山の人に来ていただき、ありがとうございました。





太地町からの徹夜ドライブで自宅に帰り着いたのが当日の朝7時。それからヴィーガンクッキーとケーキを焼き始めた。ここで事件発生。浄水器の切り替え装置を捻ったところ、ごりっ、という感触と共に浄水側から切り替わらなくなった。中のねじが壊れたらしい。


.....何故、今ですか。


気を取り直して、というか仕方なく装置を付けたり外したりしながら....


特注のオーム型、クッキー生地が抜けずらい。いつもどおりにベーキングパウダーいれたら膨らみすぎて形がくずれた。研究の余地がある。きなこと黒ごまのケーキは逆に、どうもふくらみが悪い。ぱさぱさしてるし。うーん。


作業効率が悪くて14時過ぎまでかかり、あわてて楽道庵、ベジカへ。マキコ先生と会場セットアップ。眠かった。


17時開始の第1部。トップバッター予定のサントーシマ師匠が遅刻....僕がトップ。まあ、ジヴァムクティ・ヨガのイントロダクション的な感じで。Loveをテーマにヴィンヤサで動いてもらって、後は癒しのマキコ先生、そしてサントーシマ香先生へ。


1.5部はいいか。2部のゲーム、事前にわかってました。まともにやったら僕たち先生が勝つに決まってる。なので、まずマキコ先生を潰しに、成功。次にサントーシマ師匠、逃げられた。で、僕一位、サントーシマ師匠二位。小林愛師匠三位.....自分がつぶれれば良かったですな。


3部は飲み食い懇親会。ヴィーガンな料理有り(Kento君、Kazukoさん、Manaeさん、Ayumiさん、Amiiyさん、皆さん、ありがとう)、Akemiさんのガムラン、Miiさんのギター、Kento君のタブラの演奏あり。久しぶりの顔有り。楽しんで頂けたでしょうか。僕は疲れて、意識の半分以上寝てました。すみません。


おかげさまで楽道庵に備品を購入することができそうです。

3 Vegans went to Taiji (The Cove)

先日22日の火曜日にJules先生と倫先生と僕(3人ともJivamukti Yogaの教師でヴィーガンです。)で和歌山県の太地町へ行ってきました。日曜日の夜にJivamukti関係者で食事をしたときに突然誘われたのですが、行くことになにか運命を感じたので。


月曜日の夜、Yoga FestでのJules先生のクラスが終わった後にそのまま倫の車で名古屋へ。そうしたらば見事に渋滞にはまり、名古屋に深夜着。同行した名古屋Mysoul8のYoshi先生の自宅に泊めて貰い、翌朝7時に太地町へ出発。


ここでも渋滞にはまり、太地町に着いたのは12時過ぎ。太地町に入り、くじら博物館を通り過ぎ、最初に見つけたのが入り江に囚われたイルカ。写真では見にくいですが、ゴンドウイルカ(クジラ)の群れです。この入り江は道路から丸見えなので、The Coveではありません。東京に戻ってから調べたところ、これは観光用として網の中に囚われているそうです。


回りの崖に通じる道には立ち入り禁止の表示がありました。






その後はThe Coveにも出演していたオバリーさんが太地町にいるのではないかと、宿泊施設を訪ねて回ったのですが、見つかりませんでした。


そして太地町漁協のスーパーへ行くと。ゴンドウイルカの肉が売られていました。ゴンドウイルカは私達が最初にイメージするイルカと違い、くちばしがありません。またイルカとされることもありますが、クジラと分類されることもあります。


日付は新しいものです。今年の漁で捕殺されたものかもしれません。



太地町自体は、とても小さな漁港です。クジラのことがなければ目立つようなものはなにもないのでしょうが、クジラ博物館やイルカショー、ドルフィンウォッチを行っているせいで、観光客が沢山いました。普通の家族連れです。


その一方でクジラ肉の加工品や焼き肉が普通に売られています。なんとも皮肉な光景ですが、観光できている人達はクジラ肉とイルカの関係は知らないのです。


Jules先生の発案で、クジラ博物館に駐車している車にメッセージを残してきました。「イルカやクジラが特別なものなら、彼らを食べずに、自由にして下さい。」これでなにかしら気付いて考えてくれればというメッセージでした。もっと直接的な言葉も考えたのですが、見た人に考えてもらえることを優先しました。200枚くらいはワイパーに挟んできたでしょうか。




こうして、帰途についたのですが、僕は複雑な気分でした。ヴィーガンとして、全ての動物の命を救いたいのは当然です。しかし、僕は同時に日本人です。日本の社会、伝統、政治、そのようなものの中で生きてきました。


正直、欧米の反捕鯨運動のあり方に疑問を感じます。


政治的、感情的、経済的、伝統的、社会的、人種的?様々な要素があります。


かつて若い頃、C.W.ニコル氏の小説「勇魚」を読み、日本の捕鯨文化に感銘を受けたことがあります。その頃も太地町を尋ねてみたいと思っていました。


ヴィーガンとして、こういう形で太地町に行くことになるとは思っていませんでした。


後悔しているわけではありません。


ただ、普通に生きている太地町の人々にも共感を覚えます。


自分の現在の価値観からどんなに間違っているように思えても、欧米の人達のように彼らを罪人のように考えることはできません。


全ての人々、イルカ・クジラ達にとって平和な解決が訪れるように願います。またそのお手伝いができればとも。

2009年9月24日木曜日

盛りだくさんの連休だった

土曜日の自転車イベントと日曜日のヨガ・フェスタはもうBlogに書きましたが、月曜日からも色々ありました。


月曜日のヨガ・フェストで初めてドミニカ先生のクラスを二つ受講。Jules先生のクラスをアシスト。そのまま倫の車で和歌山県太地町への旅に。名古屋に深夜に到着してYoshi先生の家で仮眠。火曜日の朝に名古屋を出て、昼過ぎに太地町へ到着。クジラ・イルカの捕殺で有名になっている地を視察。また深夜に名古屋に戻って、またまたYoshi先生の家で食事して、Jules先生はここに泊まり、倫と僕はすぐに東京へ。水曜日の早朝に茅ヶ崎に到着して、阿佐谷に戻ったのが朝の7時。朝食を取り、クッキーとケーキを焼いていたら午後14時に。神田のベジカに向かい、16時頃から楽道庵イベントの準備して、17時開始、23時頃解散。


月曜日から合計でも6時間程度しか寝ておらず、火曜日からはほぼ徹夜。


ひとつひとつBlogを書きたいのですが、まだ眠いので今日はもう寝ます。また改めて。


何にしても、ヨガ・フェスタ、太地町行き、楽道庵イベント、それぞれで関わった皆さんありがとうございました。

2009年9月22日火曜日

太地町へ

ヨガフェスタの直後から、倫の車で和歌山県太地町へ向かってます。
ジュール先生も一緒です。

なんとか今日中には東京へ帰る予定。

iPhoneから送信

2009年9月20日日曜日

Yokohama Yoga Fest 1st Day

Jules先生のヒップホップアサナのアシストをしました。実はこのクラスは初めてだったりします。どんなかなと思っていたら、踊るのは赤パン先生!?Julesがやるんじゃないの?あれ?


クラスの最初にヒップホップダンスを太陽礼拝の代わりにするということで、後は通常のクラスと同じ進行でした。脚を肘に載せたままのチャトランガという少々難しいアサナをしながら、なんのためにヨガをするのか、という問いかけをしていました。


ヨガとは何かという解釈は色々あるけど、ひとつはリレーションシップ。自分以外のために行うと言うこと。Jivamuktiらしいクラスでした。(実はアシストに集中していて細かいところは覚えていない....)





クラス終了後に皆(Padmini先生、Lily、ヨッシーまっひー、Tomo、マナビイ)で食事をしながら、四方山話。ワイルドな?知り合いの話もしたし。それ以外にもJivamukti Yogaを教える方法、考え方をJulesが話してくれて、また理解は深まったものの、努力が必要だなあと思った次第。


今日は朝起きられず、午前中参加予定のクラスをパス。午後のパトリック先生のクラスには遅刻。失礼しました。


明日もJulesのクラスをアシストします。他の先生のクラスにもたぶん参加します。


火曜日は急遽日帰りで旅に出る予定。

2009年9月19日土曜日

たぶん120kmくらい

無事3時に起床。朝食、シャワーとバイクの準備して5時には出発。ほぼ東西線の上を通って、90分で葛西臨海公園に到着。それにしても皇居は6時前から普通にランナーがいた。。。年齢層は高めだったが。


薄曇りで、待っていると寒いが、走ると丁度いい気温。受付を済ませ、たんたんと出走準備。若干盛り上がり欠けるステージも新城幸也の写真だけは撮った。








スタート(7:30)して、行きはずっと向かい風。10km毎のエイドはパスして40km先の埼玉のどこだったけ?には2時間ちょいで到着。帰りは追い風と思いきや、横風時々向かい風。それでも行きの遅れをとりもどして距離80Kmを4時間(11:30)でゴール。制限速度20kmだから、ジャスト。


ポジションとか用品に課題が見つかったので、11月のレースまでに修正しないと。レースはこの前後があるからねえ。前にスイム2Km、後にラン21Km。12時15分には帰途につく。


皇居に出たところで桜田門から虎ノ門、六本木通りから渋谷を通り過ぎてCafe8へ。ランチを楽しんだ。ここでAmiiちゃんの焼いたマフィンをご馳走になったのだ。


どうですか、美味しそうでしょ。美味しいよ。皆食べに行ってね。ただ、その日Amiiちゃんが作ったモノを。それとベジ雑誌を初めて読んで、予想外に面白かった。Rawfoodとはそんなに面白いのだろうか。






そこから旧山手通りのトライアスロンショップ、アスロニアへ。スタッフの方に親切に対応していただき、物欲が。。。。やっぱりTT専用がいいのかなあ。それにしても綺麗でお洒落なお店でした。


帰宅したのが17時。12時間ぶりに事故もなく無事に。いや、危なかったのが2度ほどあった。人も車もどうかしてる。街を走るときは人も車も他人は自分にぶつかってくるもの、とびだすもの、よそみするものと考えていないと絶対事故る。


少し休んでジムで上半身だけ筋トレ。もうあとは寝ます。






で、表題の意味は後輪のマグネットがなくなって今日の走行距離がまったく不明。。。。

80キロ終了

制限速度守って4時間。
L.S.Dトレだな。

行く帰り含めたら、120キロかな。

2009年9月18日金曜日

ちと頭が痛いが

明日は3時起きだ。葛西臨海公園までは東西線の上を行けばいいか
な。

受付開始が6時半だから、5時には出発したいなぁ。寒そう。

iPhoneから送信

Jivamukti Open Class開催します。

月例となったJivamukti Open Classを9月27日(日曜日)10:00-12:30で開催します。

料金:¥1,000(収益分はNGO等に寄付します。)
レンタルマットは¥300でありますが、数に限りがあるのでできれば持参お願いします。

いつもの水曜日夜のクラスよりは動きますが、
強度は調整しながら参加できますので、ご参加お待ちしております。

場所は僕のウェッブサイトに神田駅からの行き方を写真にしています。

2009年9月17日木曜日

どうでも良い話題

電気自動車が最近話題になってますが、別にエコな話ではなく、個人的にツボだったこの記事。同じ事を考えてるなと。以下引用。BRABUSというのは電気自動車です。
BRABUSのサウンドシステム。Tesla Roadsterにはエンジン音がないため、それを補うよう設計されている。車のパワー出力に応じて4つの異なるサウンドを流すことができる。V-8、レースカーエンジン、Beam、Warpというサウンドが用意されている。

電気自動車はモーターで走る。だから、基本的にウィィィインくらいの音しかしないはず。これを静かで良いと取るのが普通かも知れないが、ガソリンを初めとする内燃機関(エンジン)で走る車を愛した人間からすると物足りないことがあるだろうと。

だから、スピーカーからエンジン音を出すと面白い。しかも気分次第で変えられるとか。上の記事は漠然としたV-8だが、フェラーリ音とかポルシェ音とか。ライセンスで事業が出来るのではないだろうか。

いっそモーターの出力特性をわざと、それっぽくするとか。モーターはリニアに回転が上がってしまうから、途中で段付きをさせるとか、ターボラグを作るとか。人工的レッドゾーンを作って息切れさせるとか。

ガソリンとオイルの匂いのアロマ?ディフューザー、ヴァイブレーターを入れてエンジンぽく車体を振動させるとか。

でもこのBRABUSが僕の発想より一歩先を行っていたのは、車以外の音が入っていること。日本ならホワイトベース音とか、宇宙戦艦ヤマト音とか、これも商売になるかも。(笑

くだらない話題ですみません。



今日は午前中に雑司ヶ谷の鬼子母神へ。職場で女性が産休されるので、安産のお守りをいただきに。前回冬に来たときと違い、緑が濃い。お団子やさんは営業していなかった。残念。


帰りが遅くなってトレもなし。これからバイクのDHバーを外し、サドルをクッションが有るタイプに替える。

土曜日は東京センチュリーライド。台風はそれそうだけど、風が強いかも?しかも超早起きになる模様(起床3時?4時?)。時速20km制限が遅すぎて、飽きて途中で帰ってしまうかも(笑。でも、ツール・ド・フランスで活躍した新城幸也が来るぞ!ミーハー気分満載。

2009年9月16日水曜日

エイズ孤児支援NGO PLAS

皆さんから頂いたクラスフィーにプラスアルファして寄付させていただきました。今回はエイズ孤児支援NGOのPLASです。明細の類をいただいたらこちらに載せますね。


今週も初めての方が来て下さったこともあり、太陽礼拝Aとウォーリア1,2に関わるところをアサナをひとつひとつ確認しました。

正しいアライメントを大切に、人と比べず、自己のアサナを深めること。

そして、ヨガで平安を得られるなら、それをヨガの練習以外の時間と世界に広げること。

それが大事であることをお話しさせていただきました。

少しでも伝わっていたら、嬉しく思います。

今日もありがとうございました。

ヴィーガン・レモンケーキも楽しんでいただけたでしょうか。

2009年9月15日火曜日

ヴィーガン・レモンケーキ

ただ今オーブンの中。


明日のクラスで。




今日は90分ラントレ。身体が重かった....後半雨が降ってきたし。

でも土砂降りだろうと、夜遅かろうと、山道だろうと別に走れるもんなー。

2009年9月14日月曜日

The Coveという映画 その3

読売新聞ウェッブサイトのこの記事でイルカの捕殺がなくなったと思ったが、今後は不明らしい。

そんな状況のなか、この件で署名サイトができました。有志の方は署名をお願いします。できれば実名で。

このサイトを作ったのは、福岡のヨガスタジオ「YOGA BREEZE」さんです。
Happy Animal Projectという、福岡市で殺処分される動物達をなくす運動もしています。

それにしても、クジラ肉として販売されているのも惨いが、水族館のイルカは寿命が野生のイルカの1/3とか、もっと短いと言われています。イルカショーで喝采を浴びるいるかは、太地町などで捕獲され、大海原ではなく、狭いプールで一生を終えます。

イルカセラピーも同じ事ですね。

動物園も同じ。

人間以外の動物達にとっては、人間などいないほうが良いのでしょう。

20年ほど前にいったタンザニアで見た動物達は、それぞれの掟に従って生きていました。狩猟などもってのほか、たとえ保護のためでも人間が入る余地があるのは不幸です。観光客として行っている自分も含めてです。

「世界が100人の村だったら」という本がありますが、「世界が100の生物だったら」という本だったらどうなるんでしょう。

人間は他のほとんどの生物を虐待していることになるでしょうね。





--->>
今朝体重計にのったら、55Kgジャスト。し、絞りすぎ。レースは2ヶ月後なのにペースが早すぎる。

夜は1時間ストレッチをして、クリパルヨガのクラスに参加して、最後はマッサージ。このマッサーさんが凄く良かった。パワフルにほぐしてもらった。

それにしても、筋肉の疲労具合、左右差はかなりひどいらしい....


2009年9月13日日曜日

スーツとヴィーガン生活

数年ぶりにスーツを買うべく新宿へ。少し前まで9月で会社を辞める可能性があったので、買わずにいたけど、たぶん、少なくともあと数年はスーツが必要になる。


某テーラーに行って、パターンオーダ。ここに行ったのは理由があり、コットン生地で作れないか試したかったから。


もちろん、ヴィーガン生活のため。


しかし....コットン生地の種類自体少なく、ビジネスと言うよりはやはりカジュアル。



断念しました。



スーツスタイル以外のところで頑張ります。




今日はスイムトレ。1500mで疲れて中断。一休みして500m。帰宅してからラントレ90分。

2009年9月12日土曜日

より良く生きるために(インド哲学と西洋哲学)

インド哲学と西洋哲学。

以下、僕の現時点での意見であって、それ以上でも以下でもない。

双方とも、「いかにより良く生きるか」ということが目標であることは共通。

ただし、見ている方向性が違う。

比較のために、現象世界(僕がちが普段生きている世界)と形而上世界(目に見えない世界)という問題設定を行って話を進める。

インド哲学は、形而上世界をより重視する。ブラフマン(=アートマン)、プルシャとプラクリティ。何れも現象世界は何れ真なる存在(形而上の存在)へ至るための幻影(マーヤ)だったり、仮象の存在にすぎない。悟りを得たら、この現象世界からはおさらばするわけだ。

西洋哲学は、時代と人により、形而上の世界を認めたり認めなかったりするわけだが、基本的には現象世界を重視する。(中世のキリスト教哲学は除く)ポリス(都市国家)の一員として、王政が崩壊した後の市民社会の一員として、より良く生きるかを考える。

現象世界と形而上世界の境目にあって、両哲学は背中を向け合って別々の方向を見ている。(なのに自己認識の方法などというところで双方を繋げて考えようとしても意味はない。)

例えば、民主主義の理論的基礎は西洋哲学から生まれた。先の選挙のように、為政者を市民が取り替えるということは、王政の時代には全くあり得なかった。それを近代の西洋思想家が理論として考え、広く受け入れられたからこそなのだ。

インド哲学からは、民主主義の発想はでてこない。現象世界(生活世界)は仮のモノで、ある意味、どうでも良いのだから当たり前だ。絶対差別にあえぐアウト・カーストの民にはなんの役にも立ちはしない。

西洋哲学は、絶対なる形而上世界を持たない。だから現在ではあきらめ感のただよう相対主義(全世界で共有出来る正義など無い)に陥っている。


このエントリーに結論はない。ないが、双方の融合(西洋と東洋)とかなどというふ抜けたニューエイジ思想のようなことは言わない。


考える。根本とか暗黙の前提を見出す。今あるモノを使ってより良く生きる。より良い世界を目指す。

意味がわからない?僕も判ってないよ。

古い本だけど、一冊目にお勧め。



昨日はBeatles MONO Boxで浮かれすぎて、寝るのが遅すぎた。起きたら昼過ぎ、しかも雨。3本ローラーに久しぶりに乗って90分。後はほぼ引き籠もり。

昨日は筋トレとトレッドラン。

2009年9月11日金曜日

THE BEATLES IN MONO

届いた〜。ビートルズのリマスター。なんて素晴らしい出来事でしょう。

僕の音楽体験は、12歳頃(30年前か...)自宅にあった父親のBeatlesのベスト盤レコード(!)とFMから流れてきたYellow Magic Orchestraで始まった。

中学生の頃にはお小遣いでBeatlesのレコードを買い集めたし、今も持ってる。アナログプレーヤーもちゃんとある。

CDも買ったけど、アナログがダメとかではなく、どちらかというと利便性のため。

で、今回のリマスター、ステレオ版とモノラル版がある。ステレオ版は元々モノラルで作られたアルバムも事後的にステレオにしている。でもねえ、複数トラック録音していたからステレオ変換は技術的にはできるけど、この音、その音を左右に振る必然性はあるのか?

ま、いいかそんなことは。

どのアルバムから聴こうかと迷った。サージェント・ペパーズ?ホワイトアルバム?

ラバーソウルにしました。ここからビートルズの個性爆発、本領発揮の上り坂が始まったと思っているから。

いつもはMacbookから無線LANでアンプに飛ばして聴いているけど、今回は久しぶりにCDプレーヤーの登場。

電源が入らない....コンセントつないでなかった。

音が出ない.....アンプとケーブルつないでなかった。

....旧版とあまり変わらない?


家のオーディオはそんなにしょぼくない、そこそこのもの。
Speaker:Acustik Labo Bolero、Amp:Creek 4240SE、CDPlyer:Philips LHH200R
音の違いが判らないようなものではない。

スピーカの前に座って聴くと、やっぱり、そんなことはなかった。

今までは目立つ音だけ、例えばヴォーカルとかギターが前面にでていたのが、ドラム、ベース、細かい音が良く聴ける。モノラルのカタマリ感もいい。ついついボリュームを上げてしまう。

ア・ハードデイズ・ナイトをかけると、さらに凄い、全然別物です。


これが重量級アナログレコードで発売されれば、それこそ有頂天!!!!


今はiTunesにロスレスで取り込み中。


楽道庵のでかいJBLで聴いてみたい。大音量で。

2009年9月10日木曜日

Stave Jobs復帰後初お目見え

肝臓移植から復帰したスティーブ・ジョブス氏。まだ痩せてるけど、これからも養生して欲しいものです。

彼をナマで見たのは、いつだったか。Appleを追い出された後にNextにいた頃。Javaが発表されたSun WorldでNextStepのプレゼンテーション。ObjectCを得意そうに披露して、「もうMacは卒業したんだ。」といって喝采を浴びていた。若々しくて恰幅も良かった。

稀なカリスマ性を遠くからでも感じられたのを覚えている。

他の有名なCEOとか経営者を見たけど、あれほどの人はいない。(ゲイツ氏は見たこと無いが。また10月にはライナス氏を見ることができる予定。)


しかし、新しいiTunesはまたユーザビリティが変わっていて面食らった。起動画面からして違うじゃない。メニュー探し回って元に近いものにしたけど、それでも今までの「こうなるはず」が変わっていて....何故変える。

iPodnanoはいいなあ。iPodClassicも容量が増えて良い。Classicは旅先に自分のライブラリを全部持っていくのに便利。今持っている80GBではもう全部入らない。


今日は太地町漁協に二度電話した。例の担当者は、一度目午前中は別の電話にでていて、二度目の午後は席にいなかった。明日は午前中しかいないそうな。

仕事で遅くなって今日はトレ無し。

2009年9月9日水曜日

今日のヨガ(練習とクラス)

今日の午後はゆっくり、じっくりJivamuktiの自主練をしていたのですが、昨日の整体かラントレのせいか、身体がぐきぐき、ごきごきという感じで。センセーションが沢山で集中できて良かったのかもしれないけど。

こういうときは、呼吸とバンダ。バンダを絞めることで骨盤とそこから上の部分を効果的に引き離して伸ばすことが出来る。

気持ちいい練習でした。

夜のクラスは初参加の方が3名ほど来て下さって、改めてJivamuktiの説明をして、今月のフォーカスに合わせてタントリックな練習(他者との関係を織りなすこと、広げること)をしました。Jivamukti Yogaらしく、自分のエゴ(痩せたいとか柔軟になりたい。)のためではなく、愛する人を思い浮かべて、その人のために努力する。

それがJiva(他者との関係性を失った孤独なエゴイスティックな魂。)のMukti(解放)であり、Yogaの目的であることの確認でした。

楽しんでいただけたなら嬉しいのですが。

動きが連続するのは、慣れないと大変かも知れませんが、続けていけば初心者の方でも大丈夫です。

皆さんありがとうございました。エイズ孤児支援のNGO PLASへの募金にも協力して頂き感謝しております。

太地町に電話してみた(イルカ漁)

和歌山県太地町役場に「The Cove」絡みで電話してみました。非難ではなく、先ず事実確認として。

電話して最初に出て下さった職員の方に名前を名乗り、イルカ漁のことでお尋ねしたいと。他に回さず、そのまま対応していただきました。

僕:「イルカを捕っているのは本当ですか?」
太地町「本当です。」
僕:「何のためですか?」
太地町「食用と水族館等に回すためです。食用としては全国に出荷しており、他のイルカ漁をしている港でもそうしています。」
僕「他の港とは、どこかご存じですか?」
太地町:「詳しくは判りませんが、静岡県とか長崎県です。」
僕:「何頭くらい獲っているのですか?」
太地町:「こちらではわかりません。漁協ならわかると思います。」
僕:「漁は映画で言うように非公開なんですか?僕が見たいと言ったら見ることができるのでしょうか?」
太地町「そんなこと(非公開)はないと思います。漁協にお尋ね下さい。」

お礼を言って電話を切りました。

今度は太地町漁協にかける。
また名乗り、イルカ漁についてお尋ねしたいと伝えると、電話を取った人の声のトーンが一気に下がった。「担当がおらず、対応できるものが居ません。明日は一日おります。」とのこと。

続く。

2009年9月8日火曜日

ヴィーガンとして

僕は超寒がりでもあり、今まではパタゴニアのダウン・セーターとか、エディ・バウアーのダウンコートを愛用していました。しかし、流石に今シーズンからは止めようかなと。

ヴィーガンとは、地球上で共に生きる存在に対して、出来る限り苦しみを与えないようにする生き方です。だから、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜を食べません。それ以外に、身につけるものでも革製品・絹・ウール・ダウン等を使わないようにします。

僕は会社勤めをしているので、ウールのスーツを着て、シルクのネクタイを締め、革靴を履いています。何れもヴィーガンになる前に購入したものです。しかし、これらも少しずつでも他の素材に切り替えるべく考えています。

その点、コートの類は代替え素材があります。もちろん、それが化繊だったりすると、それはそれで問題。ただ、別の見方もあり、コットンは大量の農薬を使って栽培されています。(オーガニックなら別でしょうが。)それなら、リサイクルを前提とした化繊の方が環境保全に役に立つ。そんなお話がパタゴニアの創始者の本に記述されています。

パタゴニアのサイトも環境に関する情報が沢山あり、読んでいて勉強になりますし、美しい写真もあります。正直に言うと価格は高いのですが、リサイクル等の活動も考えると妥当なのかもしれません。

購入したのはオールタイム・トレンチとカリスペル・ジャケット。トレンチの内側にカリスペルを取り付けることが可能で、極寒の季節にも使えそうです。もちろん、双方ともリサイクル可能製品です。黒は本来好みではないのですが、色展開が少ないし、ビジネス兼用なので良しとします。



ところで、今まで使っていたダウン・セーター、誰か要りませんか?チャリティとしてNGOに寄付しますので¥5,000からでいかがでしょうか。サイズはS。身長172cm痩せ形の僕でジャストです。傷みはほぼなし。美品だと思います。23日のイベントでオークションしようかな。


今日の午後は以前からお世話になっているNoriyo先生の聖心堂療院へ。7ヶ月ぶりだったりするが。古傷の左足首から来る左半身の歪み、背骨のSカーブの歪みなどを調整していただき、日常の注意点を確認したり(足を組んだり、横座りは骨盤が歪むのでだめですよ。)。

お昼は食べていなかったので、鎌田駅から京浜東北線で神田の茶釜へ。北極圏帰りのDr.から面白い話を聞いた。それからベジカへ。今度はエイズ孤児支援のNGOの支援をしているMamiさんと出会った。次回の寄付先はこちらにしようかな。明日の楽道庵クラスで冊子の販売¥100を手伝うことにしたので、是非ご購入下さい。

で、パタゴニア神田店で僕のクラスに来てくれるARIさんに手伝ってもらってコート購入。

帰宅してから90分ランをして本日終了です。

2009年9月7日月曜日

帰ってきました。



飛行機で帰ってきました。目が良くなってから、晴れた日のフライトは窓にかじり付き。上空から下を見ていると楽しい。特に好きなのは空港を見つけて、その周囲で飛んでいる飛行機を見つけること。写真は香川空港ですが、小さく離陸中の飛行機が移ってます。それと富士山。今日は雲海の上にまだ冠雪の無い黒い富士山が。高いというより、でかい、おおきいという異様な存在感でした。

さて、羽田空港に15:35到着。神田に移動して遅いお昼ご飯を茶釜で。女将さん達と話をしながら。その後はベジカへ。小林愛先生とか、緑鳥さんとか、アミィさんとか沢山の人に会いました。気付くと20時近く。で、有機野菜を仕入れて帰ってきました。



福岡への帰省旅、YOGA BREEZEとサンセットライブの写真をアップしました

2009年9月6日日曜日

サンセットライブのベンジー

サンセットライブベンジー最高でしたよ。格好いいっす。今日は首振りすぎて痛い、歌いすぎてのどががらがら。
最近のマキシを交えたソロ、Judeの曲があり、最後はブランキーの「ディズニーランドへ」!!!!!!

ドラムが椎野さん(UA曰く風のようなドラムを叩く人)、バイオリンが岡村未央さん、ベースとサポートギターは知らない人だった。短い時間だったけど、MCもなく、目一杯プレイしてたー。

海辺のフェスで気持ちよかったし、渋滞もなかったし。Your song is goodLeyona風味堂(少しだけ)どれも聞いたことなかったけど、フェスマジック?結構良かった。


古い友人と一緒に行って、TomoとSHIHO先生と、Satiさんと二人の舞姫さんとお会いできました。Tomo達はPrana Artというパフォーマンスでサンセットライブに出演!(ベンジーと時間かぶっていたので僕は見てません。。。。すみません。でも友人が動画を撮ってます。)
SHIHO先生は更科有哉先生と9/26日に東京でWS(PDF開きます)するそうですよー。


さて、フェスはベンジー終了後に引き揚げ(だから帰りも渋滞無し)、またまた薬院の宙(そら)で友人と夕食。ここで他のお客さんと菜食とヨガ話など。ご家族、お子さんがいる方こそ良いものを食べて欲しいですね。宙のオーナーさんはお客さんの質問(玄米の炊き方とか)に丁寧に答えていて、素晴らしいです。コマーシャルではない、本当の知識を持った、健康な人が少しでも増えますように。


----->>
今日は午前中は疲れて動けず。午後からソラリアの上のジムで40分スイトレ(2000M位?25mプール、水温31°!ゆで上がるかと思った。)筋トレ、30分のトレッドラン。

明日は東京に帰ります。

2009年9月4日金曜日

YOGA BREEZE(福岡市)

実家にネット環境が無く!iPhoneでは何故かここを更新できなかったので一日空いてしまいました。


昨日昼過ぎに福岡に帰ってきました。早良区の実家に戻って一休みしてから、YOGA BREEZEの薬院スタジオに行ってきました。

6月のSharon先生とDavid先生のワークショップ以来で、ヒッキー先生と西原先生に再会。

ロビーが凄く広くてソファが置かれ、お洒落だけど落ち着く雰囲気もあり。日本でここにしかないヨガウェアとか、アクセサリーとか、物品も充実。スタジオも綺麗。

写真?東京に帰ってから....

ヒッキー先生のOpen Classは凄くスマートというか、スムーズというか、見習いたいと思うんだけど、ただマネできるというものでもなく、自分で努力を重ねないと出てこないものがあると言うことを実感。そしてヒッキー先生に言われたのは「楽しくないと。」

そうです。僕も目指すところへ行きたいと思う。

スタジオが終わった後に、薬院駅近くのマクロビオティック料理店「宙(そら)」へ連れて行ってもらいました。お店が閉まる時間ぎりぎり22時にもかかわらず入れていただきました。お料理の写真も撮りましたが、ここは美味しいです、本当に。オーナーさんおひとりで切り盛りされている、素敵なお店です。福岡市にお住まいの方は是非行ってみて下さい。ベジタリアンでなくても必ず満足できます。

その後は、閉店後でしたが、YOGA BREEZE天神店へ。ここはやばいです。間違いなく日本一お洒落です。ヒッキー先生と西原先生の頑張りと愛情が溢れています。薬院スタジオで見た生徒さん達もいい雰囲気でした。やはり二人の人柄に惹かれるんでしょうね。

僕も昨日は二人に色々、いろいろお世話になりました。素晴らしい一日をありがとう!



----->>
そして今日、車で太宰府市の九州国立博物館へ向かったのですが、着いたら駐車場に長蛇の車列。入場2時間待ち!と言われて引き返してきました。やはり興福寺展の影響ですね。入場できてもきっと東京上野で見たときと同じように人の波に揉まれそうなのでもう諦めます。

そして今は天神のカフェでこれを書いています。明日はサンセットライブに行ってベンジーのライブを観てきます。きっとまた渋滞。

次の更新は多分、日曜日。

2009年9月2日水曜日

帰省しまーす

仕事帰りに気がつくと、もう蝉はつくつくほうしだけ、しかも数が少ない。最近急に涼しくなりまたね。

明日から故郷の福岡市に帰省です。戻りは月曜日の予定。

明日の夜にはYOGA BREEZEさんの薬院スタジオでJivamukti Open Classに参加します。楽しみです。
土曜日はおそらくSUNSET LIVEに出没。お目当てはもちろんベンジーこと浅井健一



今日のあっきークラスはニヤマ(勧戒)のお話。最近シリアスなお話が続いたので、今回はJivamukit Yoga Teacher Trainingでのエピソードを交えて。魂の神殿たる身体を清潔に(ただ、ハタヨガプラディピカそのままはつらいよね)。

来てくれた皆さん、ありがとう。


昨日のトレーニングは90分ランでした。

2009年9月1日火曜日

JivamuktiのJules FableがFlowarts

ジュール先生が今月来日します。ヨガフェスタや福岡のYOGA BREEZEさんにてクラスを行った後、中目黒のFlowartsでクラスを行います。

僕たちのJivamukti Teacher Trainingでもメンターを務めていました。Kumiko先生と共に日本チームはとてもお世話になりました。

僕もクラスでアシスタントもします。もしかしたら一回は....するかもしれません。

詳細とお申し込みはこちらからお願いします。



Jivamukti yoga school NYから、ジュールが帰ってきます!! もうすっかり恒例になったジュール先生ですが、この9月にまたFlow Artsに帰って来てくれます! シャロン先生やデイビット先生のとっても近くにいるジュール先生。先日も8月に毎年行われるシャロン先生とデイビット先生の行う彼らの自宅での特別なトレーニングを終えたばかり。 皆に再会するのをとっても楽しみにしています。是非お見逃しなく!! いつもすぐに予約でいっぱいになる楽しい彼のクラスです。ご予約お早めに!

講 師:Jules Febre 日 程:9月28日,29日  18:30~20:05 Jivamukti Basic(アサナを一つ一つ丁寧に行っていきます) 9月28日,29日  20:30~22:05 Jivamukti Open(ヴィンヤサスタイルでクラスを行っていきます) 料 金:ベーシッククラス/オープンクラス ¥3,500 事前振込での受付となります。振込された後に予約完了となります。